~糖尿病白内障体験記~

男性_V

あぁ、僕もついに・・・。甘いものの食べすぎだぁ。。。
というのも、こないだの健康診断で、「糖尿病」と診断されました。
そのことを友人に伝えると、
『脳卒中とか心筋梗塞、あと動脈硬化になりやすいから気をつけな』と怖いことを・・・。
でも、実際そうですよね。
心配性の自分は、ほかに、糖尿病の合併症がないか調べてみました。
すると、「糖尿病白内障」というものを発見!
調べてみたのでまとめてみたいと思います。
<どんな病気か?>
白内障とは、眼のなかの凸レンズの役目をしている水晶体が濁る病気でその原因は様々。
で、その原因の1つが糖尿病。
なので、その場合「糖尿病白内障」と呼ぶわけだそうな。
白内障の初期症状としては、「まぶしい」とか「かすむ」ということがあり、それが悪化すると、視力が低下して、最悪失明してしまうとのこと。
『失明は怖いー』
<原因は?>
糖尿病が原因で糖尿病白内障が発症するってことですが、
高血糖自体が原因で、わりと若い段階から急激に進行する「真性糖尿病白内障」と、
通常の「加齢性白内障」(※)が合併している「仮性糖尿病白内障」とに分類されるそーな。
(※)白内障の大部分の原因は、老化によるものだそうです。
高血糖からくるポリオール代謝経路の亢進、終末糖化産物、酸化ストレス・・・
・・・ってなんのことやらですが、
ようは、体にとって悪い物質・・・の蓄積が原因で、
水晶体が混濁すると考えられているそうです。
がっ。その詳しいメカニズムは、いまだ明らかにされていないんだそうです。
<検査と診断>
特殊な目薬を差して瞳孔を開いた状態で、顕微鏡で検査をするとのこと。これで、水晶体が濁っていると認められれば、白内障と診断がつきます。
<治療の方法>
 
今までは、治そうと思ったら、高い金を払って、目に針をさしていろいろと手術するしかありませんでした。
手術がイヤなら、進行を遅らせる目薬をさすしかなかったんです。
・・・が、それは過去の話!
今は、目薬で白内障が治る時代なんです!
それが ↓ この「クララスティル」という目薬。
「クララスティル」公式サイト
ふっふっふー見つけてしまいましたわ!
「白内障が治る目薬!」だそうです。
分かりやすくイラスト付きで解説されてるので、
白内障で困っているかた、あるいは身近にそういう人がいるかた、
是非チェックしてみては?
手術と比べてリーズナブルだし、僕も、実際、白内障で今困っている母親のために、
さっそく注文してみました。