白内障の原因について

白内障とは、「眼の中にあるレンズの役割をしている水晶体が濁ってしまう病気」のことを指しています。基本的な白内障の原因は、加齢が挙げられます。早ければ、40歳頃から発症し80代になると、ほとんどの方が白内障の状態になっているというデータがあります。

 

なぜ白内障になるのか?

正常な瞳の様子
正常な瞳の様子

白内障は、いくつかの原因が挙げられます。冒頭でご紹介した加齢のほかにも、あらゆる原因が考えられます。

アトピー性皮膚炎・糖尿病のような「全身疾患に合併する白内障」・風疹などによる「先天性白内障」・目の怪我などによる「外傷性白内障」などです。その中でも最も多い理由は、加齢による「加齢性白内障」です。老化現象の1つであるので、程度の差はあれど、誰にでも起こりうる病気といえます。

その逆に、「若年性白内障」というものもあります。これは、20代~30代に多く発症するタイプの白内障であり、原因としては、眼を激しくぶつけてしまうことによる怪我や、アトピー性皮膚炎などが考えられます。

天然の酸化防止剤・カルノシンとは

目薬
点眼の様子

カルノシンとは、天然の抗酸化物質のことを指します。このカルノシンは、もともと人間の体内に存在し、アミノ酸を作る働きをしています。ところが、加齢に伴いカルノシン作成機能が徐々に減退していきます。それにより、水晶体の酸化が進んでしまうのです。そして、最悪の場合には失明に近い状態になってしまいます。体内のカルノシン濃度が減少するために、水晶体の酸化が進んでいくのです。これが、白内障が進行する原因です。

また、白内障予防のほかにも、『疲労回復』・『アンチエイジング』・『運動能力を向上させる効果』などがあるとされています。

活性酸素は、なぜ発生するのか?

活性酸素とは、もともと人間にとって必要なものでした。体内に侵入した細菌・ウイルスを撃退するため白血球から放出されています。殺菌や消毒の役割を働いてくれる一方で、体に悪影響を与えてしまうという側面もあります。

白内障は、「目が活性酸素に攻撃されて起こる病気」といえます。水晶体の中には、ビタミンCが多く含まれており、眼球には「不飽和脂肪酸」という酸化しにくい脂肪が多くあります。これが、活性酸素により、酸化されると「過酸化脂質」に変化していきます。実は、この脂肪の酸化を防ぐ酵素が眼球には備わっているのです。

しかし、加齢に伴い、この「抗酸化酵素を作る能力」も衰えてしまうのです。従って、活性酸素によって細胞が破壊されていきます。

では、何故活性酸素は発生するのでしょうか? あらゆる理由が挙げられます。

 

1、喫煙

肺ガン等の病気を引き起こすことで知られる喫煙。煙草の煙を吸ってしまうと、それを除去しようと多量の活性酸素が作られます。タバコ1本につき、100兆もの活性酸素が発生すると言われています。

 

2、ストレス

ストレスホルモンの一種である「コルチゾル」が免疫機能の重要な役割を担う細胞の機能を停止させてしまいます。同様に、紫外線の刺激も活性酸素が発生する原因となります。

 

3、油の多い食事

食事から摂取した脂質は腸内で分解されるのですが、中には分解されないものもあります。その分解されずに残った分は、肝臓で解毒されます。この解毒の過程で、活性酸素が発生するのです。

 

4、コレステロール

コレステロールの表面にある脂質が、活性酸素と結びついて酸化してしまいます。また、コレステロールには白内障の他にも病気を起こす危険性があります。酸化したコレステロールが、血管内に付着し、動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞などを引き起こす原因となってしまいます。

 

5、運動

激しい運動を行うと、一時的に筋肉の血流が減少してしまいます。その後、血流の動きが再開すると、一気に活性酸素が増加します。また、その逆に運動不足でも活性酸素は増加します。これは、抗酸化酵素の動きが激しい運動や運動不足によって低下することが原因とされています。

白内障治療・予防にクララスティル(公式サイトはこちら)

~糖尿病白内障体験記~

 あぁ、僕もついに・・・。甘いものの食べすぎだぁ。。。
というのも、こないだの健康診断で、「糖尿病」と診断されました。
そのことを友人に伝えると、
『脳卒中とか心筋梗塞、あと動脈硬化になりやすいから気をつけな』と怖いことを・・・。
でも、実際そうですよね。
心配性の自分は、ほかに、糖尿病の合併症がないか調べてみました。
すると、「糖尿病白内障」というものを発見!
調べてみたのでまとめてみたいと思います。
<どんな病気か?>
白内障とは、眼のなかの凸レンズの役目をしている水晶体が濁る病気でその原因は様々。
で、その原因の1つが糖尿病。
なので、その場合「糖尿病白内障」と呼ぶわけだそうな。
白内障の初期症状としては、「まぶしい」とか「かすむ」ということがあり、それが悪化すると、視力が低下して、最悪失明してしまうとのこと。
『失明は怖いー』
<原因は?>
糖尿病が原因で糖尿病白内障が発症するってことですが、
高血糖自体が原因で、わりと若い段階から急激に進行する「真性糖尿病白内障」と、
通常の「加齢性白内障」(※)が合併している「仮性糖尿病白内障」とに分類されるそーな。
(※)白内障の大部分の原因は、老化によるものだそうです。
高血糖からくるポリオール代謝経路の亢進、終末糖化産物、酸化ストレス・・・
・・・ってなんのことやらですが、
ようは、体にとって悪い物質・・・の蓄積が原因で、
水晶体が混濁すると考えられているそうです。
がっ。その詳しいメカニズムは、いまだ明らかにされていないんだそうです。
<検査と診断>
特殊な目薬を差して瞳孔を開いた状態で、顕微鏡で検査をするとのこと。これで、水晶体が濁っていると認められれば、白内障と診断がつきます。
<治療の方法>
 
今までは、治そうと思ったら、高い金を払って、目に針をさしていろいろと手術するしかありませんでした。
手術がイヤなら、進行を遅らせる目薬をさすしかなかったんです。
・・・が、それは過去の話!
今は、目薬で白内障が治る時代なんです!
それが ↓ この「クララスティル」という目薬。
「クララスティル」公式サイト
「白内障が治る目薬!」だそうです。
分かりやすくイラスト付きで解説されてるので、
白内障で困っているかた、あるいは身近にそういう人がいるかた、
是非チェックしてみては?
手術と比べてリーズナブルだし、僕も、実際、白内障で今困っている母親のために、さっそく注文してみました。

糖尿病性の白内障

ここでは前回に引き続き、糖尿病性の白内障についてご紹介したいと思います。
若年で罹る白内障の原因は、圧倒的に糖尿病の合併症による、糖尿病性白内障が多いといわれております…。
糖尿病が引き起こす白内障は、若年層でも血糖値がずっと高値を示していたり、高血糖状態がずっと続いていた場合において発症するといわれているんですね。

そのため加齢とともに起こる老人性白内障とは違い、糖尿病患者は年齢にかかわらず、早期に発症するといわれております。

 この糖尿病性白内障は、長期に及ぶ高血糖自体が原因となっています。

症状の進行スピードが早い真性糖尿病性白内障と、加齢によって引き起こされる老人性白内障を併発している仮性糖尿病性白内障の2種類があるようです。

 糖尿病性白内障の多くは仮性糖尿病性白内障に罹患しています。
水晶体が白濁する原因にはコラーゲンなどの肌に必要な成分に悪影響を与え、
老化の促進やアルツハイマーなどを引き起こす有害物質である終末糖化産物の蓄積や活性酸素により体内が酸化され、

老化を促したり、動脈硬化や心筋梗塞などの起因になる酸化ストレスなどが挙げられています。

しかし白濁する理由はまだ解明されていないんですね…
 糖尿病性白内障は若年層においても高血糖が続くことにより水晶体に混濁が見られ、高齢者だから白内障にかかってしまうというわけではないんですね。
初期症状としては、光がきつく眩しく感じたり、眼のかすみなどがあげられます。
 この段階ではまだ白内障だとは思いませんが症状が進むに連れ、視力の低下が現れて視力障害を自覚します。
 真性糖尿病性白内障は症状の進行スピードが速く、仮性糖尿病性白内障は対照的に症状の進行スピードが遅く、
だんだんと白内障症状が現れていきます。
 糖尿病性白内障の治療には、血糖コントロールで白内障の発症抑制の効果が期待されています。
しかし一度白内障が発症したら、手術かクララスティル点眼薬しかありません。
やはり、私は後者を圧倒的にお勧めします。
糖尿病は万病の元だと言われますが、眼まで見えなくなる危険性もはらみ、命を落とす危険性さえあります
本当に怖い、恐ろしいとしか言いようがありません。
若年性のものなどは、特に生活習慣病の要素も大きく、私も他人事ではなく感じております。