糖尿病性の白内障

若年で罹る白内障の原因は、圧倒的に糖尿病の合併症による、糖尿病性白内障が多い。
糖尿病が引き起こす白内障は、若年層でも血糖値がずっと高値を示していたり、高血糖状態がずっと続いていた場合において発症が見られます。
そのため加齢とともに起こる老人性白内障とは違い、糖尿病患者は年齢にかかわらず、早期に発症します。
 この糖尿病性白内障は、長期に及ぶ高血糖自体が原因となっています。
症状の進行スピードが早い真性糖尿病性白内障と、加齢によって引き起こされる老人性白内障を併発している仮性糖尿病性白内障の2種類があります。
 糖尿病性白内障の多くは仮性糖尿病性白内障に罹患しています。
水晶体が白濁する原因にはコラーゲンなどの肌に必要な成分に悪影響を与え、
老化の促進やアルツハイマーなどを引き起こす有害物質である終末糖化産物の蓄積や活性酸素により体内が酸化され、
老化を促したり、動脈硬化や心筋梗塞などの起因になる酸化ストレスなどが挙げられています。
しかし白濁する理由はまだ解明されていません。
 糖尿病性白内障は若年層においても高血糖が続くことにより水晶体に混濁が見られます。初期症状としては、光がきつく眩しく感じたり、眼のかすみがあります。
 この段階ではまだ白内障だとは思いませんが症状が進むに連れ、視力の低下が現れて視力障害を自覚します。
 真性糖尿病性白内障は症状の進行スピードが速く、仮性糖尿病性白内障は対照的に症状の進行スピードが遅く、
だんだんと白内障症状が現れていきます。
 糖尿病性白内障の治療には、血糖コントロールで白内障の発症抑制の効果が期待されています。
しかし一度白内障が発症したら、手術クララスティル点眼薬しかありません。後者を圧倒的にお勧めします。
糖尿病は万病の元だと言われますが、眼まで見えなくなる危険性もはらみ、命を落とす危険性さえあります。
本当に怖い、恐ろしいとしか言いようがありません。
若年性のものなどは、特に生活習慣病の要素も大きく、私も他人事ではなく感じています。