1ヶ月弱、みっちり囲碁の特訓をするとしたら、どんな勉強をしますか?約1ヵ月後に、父親が白内障の手術を…

1ヶ月弱、みっちり囲碁の特訓をするとしたら、どんな勉強をしますか?約1ヵ月後に、父親が白内障の手術をし、術後何日か休暇を取るそうで、その時に、実家に囲碁でも打ちに来いと言われました。自分はKGSでは暫定7kで打っており、徐々に上がってきているので、まだもう少し上の級の可能性はありです。父親は、免状こそ持っていないですが、プロと打って初段以上はあると言われたそうで、自称初段で打っています。最近まで父親に5子置いて打っていましたが、試しに置き石ナシでやってみようと提案され、定先(コミなし)で、もちろん自分が黒番で打ったのですが、マグレなのか今のところ2勝2敗です。(○中押し勝ち●中押し負け●10目負け○4目勝ち)父親が油断したのか分かりませんが、正直自分の棋力はどんなものなのか分かりません。まあ、一桁級なのは間違いないと思いますが。と言う感じで、次の勝負までにもっと力をつけたいと思っています。おそらく自分が黒番なのですが、黒番で3連勝できたら互先(ニギリ、コミ6.5目)になる予定です。1ヶ月と言う時間で特訓するとしたら、どんな練習(複数化)をするといいでしょうか?自分は30歳。妻一人と、娘一人(小4)、息子一人(2歳)がいます。ヒマがあれば碁の本を読むことは可能です。仕事でも夜勤中に読んだりできます。対局はKGSでのみやっております。東洋囲碁に興味があったのですが、自分のパソコンは古すぎるからか??ソフトが入りませんでした。本を買うことは可能ですが、なんせ貧乏なので中古(ネットオフなど)で買うことになると思います。(具体的な本をすすめていただいても、中古がなければ買えない)ネット対局はしますが、リアルに石を持って打つ相手は周りにいません(父親のみ)とまあ、そんな感じです。あと、NHK杯は欠かさず観戦しています。1ヶ月で一気に強くなろうとは思いませんが、可能な限りやってみたいです。アドバイスお願いします。

KGSを3k-2kくらいで打っている30歳くらいの者です。私も今、碁の勉強中です。強いというほど強くないのでアドバイスになるかどうか。とりあえず、相手にヘタだって思われたくないということですよね。対等に近い打ち手になりたいと。私が10k-5kくらいまでの碁を見ていて思うのは、基本的な碁石の形がなっていないということです。見ていて筋が悪い手をバシバシ打つとでもいいますか。「あ、そこは効かしじゃなくてダメだ」「そこはヨセじゃなくてコウ材だ」なんて思うわけです。なので、筋に明るくなるのが良いんじゃないかなと思います。問題形式になっていて、この形ならここへ置く、っていう本を探せばいいと思います。一度読んだらもう一度最初から読み直して、ひと目で正解がわかるようになるまで繰り返すのが大事です。死活の本もある意味、筋の本ですのでそれもありかもしれませんが、やっぱり石の形の本がおすすめです。その次は・・・ヨセの計算の仕方の本。級位者はヨセを甘く見過ぎている傾向があって、適当にヨセてきます。ヨセを考えて打つ人は、打っていて強く感じます。定石の本や形勢判断の本は、もっともっと強くなってから読むといいのではないでしょうか。私個人の感想ですが、「たくさん対局すれば強くなる」は間違っていると思います。本を読んで、自分の考えの間違いを修正していくことが、強さにつながると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です