父親の病状の事なのですが、現在64歳で8年程前から糖尿病を患っています。去年、糖尿病と関連があるという…

父親の病状の事なのですが、現在64歳で8年程前から糖尿病を患っています。去年、糖尿病と関連があるという白内障になり手術をし、無事に成功しました。現在も通院中なのですが、先日右目に白いもやがかかったようになり見えずらいとの事で早く病院へ行くようすすめました。2日後ぐらいに受診して来たようで、心配だったのでどうだったのかを尋ねると以前、白内障の手術前にレーザーで毛細血管を焼いたらしいのですが、残った毛細血管から出血していたのが原因で見えずらくなったとの事でした。処置としては、もう一度レーザーで残りの毛細血管を焼くという処置のようです。私は大事に至らず、ほっとしていたのですが受診した日ぐらいから父親の様子が以前と違いとても元気がなく、何か悩んでいるようにも見えるので心配になっています。病気の事だとしたら私も心配なので聞くのですが、先程の説明しか話してくれません。ネットなどで調べると糖尿病と白内障の事がたくさん書いてあり、最悪の場合は失明するような事も…。本人が話してくれない場合、家族が病院で病状を聞く事はできるのでしょうか。現在、父親とは同居はしていませんが近くに住んでいます。アドバイスを頂けたら幸いです。どうぞ宜しくお願いします。

お父様が今度眼科を受診されるときに一緒に行かれてはどうでしょうか。一緒に担当医から病状について聞いてみてください。レーザーで焼いたのは毛細血管ではなく毛細血管瘤か網膜ですね。糖尿病網膜症に対するレーザー治療(網膜光凝固術)は今後も何回かに分けて繰り返し行うこともあるとおもいます。レーザー治療は網膜症の進行をできるだけ抑える目的で行いますが、治療を行っても結果的に失明に至る場合もあります。本人にできることとすれば血糖コントロールですので、まずは内科の先生ともよくお話しされて糖尿病の治療を頑張って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です