クララスティルってどんな目薬?

クララスティルは今まで手術でしか治すことが出来なかった白内障に効果がある目薬なのです。 このクララスティルは10年以上実験を行い、アメリカやEU諸国では認可されている目薬なのです。

複合アミノ酸であるNアセテルカルノシンは人間の体の中で作り出すことが出来ません。でも、このNアセテルカルノシンを点眼すると、人間の目の中でカルノシンに変わるのです。 カルノシンの不足が目の水晶体の白濁の原因なのですから、カルノシンを補充することで目の白濁が解消されるということになるのです。
しかも、点眼することによって、目に直接カルノシンを与えることになるので、より効果的だと思われます。 点眼によって、水晶体の酸化防止剤として働くので、とても有効的なのです。
Nアセルカルノシンはアミノ酸なので、体に害を与えるものではありません。ですから、安心して点眼をすることが出来ると思います。   日本では正式には認可されてはいないのですが、ヨーロッパ、ロシア、東南アジアなどでは4年以上にわたり、広く使用されている白内障の治療薬なのです。 
海外諸国での白内障に治療実績もありますので、日本だけ効果がないということはありません。まだまだポピュラーなものではないかもしれませんが、手術に変わる新しい治療方法としてこれから多く出てくるのではないかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です