白内障の治療方法

白内障は目の水晶体が白く濁ってしまうことで起こるので、基本的には手術しか治療方法がありません。

ただ視力が0.5ぐらいになった場合に手術が勧められるそうです。それまでは投薬をするっていう方法もあるんだそうです。 この投薬治療は人にとって、効果に大きな差が出てきます。
根本的な治療法法は手術しかないのですが、人によっては薬でもかなり効果があるようです。 薬で進行をとめたり、遅くしたりということも出来るのだそうです。
ほとんどが目薬だと思いますが、最近では内服薬も出てきているようです。白内障の治療方法も様々なものが開発されてきています。 情報の収集ということも忘れてはいけないことだと思います。また眼科医によっては様々な治療方法を提案してくれます。
自分に合う治療方法を考えてくれる眼科医に出会うことが出来れば、その治療法は選択肢も多くなるのではないかなって思います。セカンドオピニオンを受けるといいのではないかなって思います。
個人によって体質も違ってくると思いますし、薬1つに関しても、合うものと合わないものというものが出てきます。
また、その人の病歴なども関係してきている場合もあるので、その病歴によっても治療方法というのが変わってくるのではないかなって思います。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です