クララスティルは日本で承認されているの?

クララスティルは日本ではまだ使用が開始されたばかりの新しい治療薬です。アメリカなどでは白内障の特効薬として広く使われているものです。 ですが、日本ではまだまだ浸透してきていないものでもあります。将来的には承認されるのではないかと思います。

日本では白内障イコール、手術というのが一般的になっているのです。
ですから、クララスティルのような新薬を利用する眼科医っていうのは、まだまだ少ないようです。日本ではまだ認可されていないと思います。 これが認可されるようになったら、クララスティルを使用する眼科医も増えてくるのではないかな、と思われます。
実際に日本にも入ってきていますし、使われている方も多いとは思いますが、新しい薬を使うことに抵抗がある医師もいますので、クララスティルのことを聞いてみるのもいいのではないかなと思います。
治療に関しては、医師が全てを決めるのではなく、罹患した本人の意思や意見もキチンと取り入れて行われるべきことだと思います。 ですから、こちら側からクララスティルの提案をしてみるのもいいのではないかと思います。
新薬ですので、保険が適用されるのかどうかということも、キチンと確認をしておいたほうがいい事項なのではないかなと思います。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です