白内障手術の種類

白内障の手術は昔に比べると進化をしています。今は様々な種類の手術があり、医師の診断によって、どういうものがベストなのかということを検討します。現在、大きく分けて3つの手術方法があります。

・水晶体超音波乳化吸引術
・嚢外摘出術 ・嚢内摘出術
この3つの中でもっとも多く行われているのが、「水晶体超音波乳化吸引術」です。 手術時間も10~15分で終わるので、体への負担も少ないのが特徴的でもあります。 この方法は水晶体の濁っている部分を超音波で削り、その上に人工レンズを挿入するという方法です。 傷が小さいので、炎症が起こる危険性も低いというのが特徴です。
白内障が極度に進行している場合には「嚢外摘出術」が適用されます。 傷も大きく、濁った水晶体を全て摘出するので手術後に乱視が起こる場合があります。 「水晶体超音波乳化吸引術」よりも傷は大きくなります。
「嚢外摘出術」よりも更に高度な技術を要するのが「嚢内摘出術」です。水晶体に異常があり、他の手術が適用されない場合に行われます。 手術時間も長く、入院も必要な手術です。
3つの中で、体への負担が最も大きく、かなり進行した白内障に適用されることが多いので、手術の選択肢があるうちに手術を行ったほうがいいと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です