白内障手術の内容

白内障の手術は今はポピュラーなものになってきているようです。 それだけ罹患する人が多いということです。より手軽に手術を受けることが出来るようになってきています。 日帰りで手術を受けることが出来るっていうこともあります。

昔は白内障の手術というと、濁ってしまった水晶体を取り除く、ということだけでした。それで手術は終わりだったのです。でもそれでは改善にはつながらないんだそうです。濁った部分を切除することでモヤがかかったような状態は解消することが出来ますが、レンズが薄くなるわけですから、ピントが合わなくなるという状態になるんだそうです。
今は新しい手術の方法が開発されています。 以前の濁った水晶体を削るという施術の後に、人工のレンズを挿入するという方法です。 現在ではこれがポピュラーになっているんだそうです。ただし、糖尿病から白内障になったという場合には、この方法は誰にでも適用することが出来るというわけではないようです。
それは個人差があるので、一般的な白内障の手術が適用される人もいれば、糖尿病網膜症を併発している人だったら、レンズが邪魔をしてしまって、逆に治療が出来ないっていうこともあるんだそうです。それぞれの症状や進行具合によっても、手術方法は違うんだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です