新しい治療法

白内障は残念ながら、手術以外に治療の方法がないんだそうです。でも、医学は日々進歩をしてきています。新しい治療方法も次々と開発されてきているのです。

薬の種類も増えました。今は漢方の中にも白内障に効果があるものも出てきています。手術は白内障の根本的な治療方法ですが、稀に薬で改善をする人もいます。 薬によって発症を遅らせるということもあるのです。
薬の中でも点眼薬というのがもっとも多く、その種類も段々増えてきているのです。
・ピノレキシン製剤 
・グルタチオン製剤  
この上記2つは白内障の進行を遅らせたり、白内障を予防する働きがあります。
内服薬としては 
・唾液腺ホルモン製剤
・チオプロニン製剤
・アルドース還元酵素阻害剤
・八味地黄丸
・ルティンのサプリメント
・カルシウム、ビタミンC、ビタミンB群のサプリメント
これらが有効的だと言われています。また、ルティンやカルシウム、ビタミンC、ビタミンB群を多く含んでいる食物を自発的に摂取することによって、白内障に効果もあるのです。
食事療法というのは、もっとも安全な治療方法なのかもしれません。
他にも新しい白内障の治療方法が開発されてきています。まだまだ試験的なものもたくさんあります。手術以外にも体の負担が少ない治療方法がこれから出てくるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です