白内障で困ること

白内障に罹患した時に困ることは、ものが見えにくくなるということだと思います。場合によっては失明もしてしまいます。

元々視力がある人にとっては目が見えるっていうことが当たり前になっていると思うのです。その世界が闇に閉ざされてしまうともなると、精神的な不安も大きくなるのではないかなって思うのです。
白内障に罹患すると、光りの調整も上手く出来なくなります。 明るい場所で光りの調整が出来ずにまぶしすぎてしまうのです。   そういう状態で交通量の多いところに出たり、車の運転をするというのは、非常に危険でもあると思います。
生活全てに関わってきてしまう病気なのです。   目が見えにくいというだけで日常生活に支障をきたすと思います。 コンタクトレンズやメガネでは解決しないものでもあると思います。他人とのコミュニケーションも取りにくくなり、外出が困難になってくるということも出てきます。
外出をしてもぶつかったり、怪我をしたりっていうことも出てきます。 ちょっとした買い物でも困難になってきます。そうやって日常生活が破綻をしてしまうということにもなってくるのです。 生活が成り立たなくなるというのはとても困ることだと思います。
誰かの介助が必要になってきて、自分では何も出来なくなってしまう、そういうことでもあると思います。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です