白内障の症状

白内障の症状は初期の場合には無症状です。 ですから初期のうちは白内障だということに気付かないということが多いのです。 少し進行をすると、ものが見えにくくなる、ものが二重、三重に見える。 光りがまぶしく感じる、ということが起こります。

またメガネをかけていても、見えにくい、改善しないっていうことも出てきます。   目を見たときに白く濁っていたり、黄色く濁っていたりすることがあります。 水晶体が濁ってくると上記のような様々な症状が出てくるのです。
白く濁るだけではなく、黄色く濁ることもあるということを覚えておいたほうがいいでしょう。   光りに関することで白内障だと分かりやすいのは、周りが暗く見えるのではなく、明るく見えすぎるということだと思います。
視野が狭くなるということでもありません。 光りに対して異常な反応をしてしまうのです。 例えば、曇りの日でも外が異常にまぶしく感じるということがあったら、白内障を疑ってもいいのではないかなって思います。
光りに関する異常は、白内障の代表的な症状でもあります。 視力の低下やものが二重、三重に見える、かすんで見えるという症状は他の目の病気にも見られることですが、まぶしすぎるともなると、ほぼ白内障だと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です