白内障ってどんな病気?

白内障は珍しい病気ではありません。誰もが罹患する確率が高い目の病気なのです。

最初はものが見えにくかったり、明るい場所が苦痛に感じるようになります。早期の治療で改善はするのですが、放置しておくと目の中の水晶体が白く濁ってきて、最悪の場合には失明に至ります。
早い人では40代から進行し、80代の高齢者になるとほとんどの方が罹患しているんだそうです。年齢とともに視力が下がるということは、よくあることだと思いますが、それが白内障なのかっていうことをキチンと診断をしてもらうことが必要なのではないかなって思います。
先天性のものもありますが、ほとんどが年齢とともに目の水晶体が傷をついたり白く濁るということで発症するものです。目の健康というものを普段から考えておくということも大事なことなのではないかなって思います。
誰もがかかることがある、とってもポピュラーな病気であり、年齢とともに起こりやすくなり病気でもあるのです。とても怖い病気ではなく、よくある症状です。 ただ放置しておくと失明に至るという、怖い側面も持っています。
意外と目の病気は発見が遅れるものでもあるので、少しでもおかしいと感じたら眼科で診察を受けるといいでしょう。

白内障手術後の気になる点

白内障の手術後に気になることもあると思います。

手術をしたのに、視力が落ちてくるということもあるかもしれません。
他の病気が隠れている可能性だってあるのです。ですから、異常を感じたら、すぐに眼科医の診察を受けるようにしたほうがいいと思います。
白内障の手術後に多いと言われているのが、後発性白内障です。手術をした後に、眼内レンズを入れるために残しておいた後嚢が時間の経過とともに少しずつ濁ってきてしまうのです。
それによって、視力が低下してきてしまうことがあります。手術直後に起きることもありますが、手術後1~2年後に起こることもあります。また全ての人の視力低下が起きるわけではありません。
起きる人と起きない人がいるので、全ての人に起きるわけではないということを頭に入れておいたほうがいいと思います。
そしてもっとも気になるのが、手術後の目の見え方だと思います。 白内障の特徴でもある、光りに過剰反応をしてしまい、少しでもまぶしすぎてしまうという症状
これが手術によってどのように変わるのかということはとても気になると思います。人の水晶体とは違って、人工のレンズですので、多少まぶしく感じたり、光りの輪が見えることもあるんだそうです。でもこれらの症状は最初だけで、段々慣れてきてしまうということがあるので、あまり気にすることはないようです。

白内障の治療方法

白内障は目の水晶体が白く濁ってしまうことで起こるので、基本的には手術しか治療方法がありません。

ただ視力が0.5ぐらいになった場合に手術が勧められるそうです。それまでは投薬をするっていう方法もあるんだそうです。 この投薬治療は人にとって、効果に大きな差が出てきます。
根本的な治療法法は手術しかないのですが、人によっては薬でもかなり効果があるようです。 薬で進行をとめたり、遅くしたりということも出来るのだそうです。
ほとんどが目薬だと思いますが、最近では内服薬も出てきているようです。白内障の治療方法も様々なものが開発されてきています。 情報の収集ということも忘れてはいけないことだと思います。また眼科医によっては様々な治療方法を提案してくれます。
自分に合う治療方法を考えてくれる眼科医に出会うことが出来れば、その治療法は選択肢も多くなるのではないかなって思います。セカンドオピニオンを受けるといいのではないかなって思います。
個人によって体質も違ってくると思いますし、薬1つに関しても、合うものと合わないものというものが出てきます。
また、その人の病歴なども関係してきている場合もあるので、その病歴によっても治療方法というのが変わってくるのではないかなって思います。  

クララスティルは日本で承認されているの?

クララスティルは日本ではまだ使用が開始されたばかりの新しい治療薬です。アメリカなどでは白内障の特効薬として広く使われているものです。 ですが、日本ではまだまだ浸透してきていないものでもあります。将来的には承認されるのではないかと思います。

日本では白内障イコール、手術というのが一般的になっているのです。
ですから、クララスティルのような新薬を利用する眼科医っていうのは、まだまだ少ないようです。日本ではまだ認可されていないと思います。 これが認可されるようになったら、クララスティルを使用する眼科医も増えてくるのではないかな、と思われます。
実際に日本にも入ってきていますし、使われている方も多いとは思いますが、新しい薬を使うことに抵抗がある医師もいますので、クララスティルのことを聞いてみるのもいいのではないかなと思います。
治療に関しては、医師が全てを決めるのではなく、罹患した本人の意思や意見もキチンと取り入れて行われるべきことだと思います。 ですから、こちら側からクララスティルの提案をしてみるのもいいのではないかと思います。
新薬ですので、保険が適用されるのかどうかということも、キチンと確認をしておいたほうがいい事項なのではないかなと思います。  

白内障手術の種類

白内障の手術は昔に比べると進化をしています。今は様々な種類の手術があり、医師の診断によって、どういうものがベストなのかということを検討します。現在、大きく分けて3つの手術方法があります。

・水晶体超音波乳化吸引術
・嚢外摘出術 ・嚢内摘出術
この3つの中でもっとも多く行われているのが、「水晶体超音波乳化吸引術」です。 手術時間も10~15分で終わるので、体への負担も少ないのが特徴的でもあります。 この方法は水晶体の濁っている部分を超音波で削り、その上に人工レンズを挿入するという方法です。 傷が小さいので、炎症が起こる危険性も低いというのが特徴です。
白内障が極度に進行している場合には「嚢外摘出術」が適用されます。 傷も大きく、濁った水晶体を全て摘出するので手術後に乱視が起こる場合があります。 「水晶体超音波乳化吸引術」よりも傷は大きくなります。
「嚢外摘出術」よりも更に高度な技術を要するのが「嚢内摘出術」です。水晶体に異常があり、他の手術が適用されない場合に行われます。 手術時間も長く、入院も必要な手術です。
3つの中で、体への負担が最も大きく、かなり進行した白内障に適用されることが多いので、手術の選択肢があるうちに手術を行ったほうがいいと思われます。

白内障手術の内容

白内障の手術は今はポピュラーなものになってきているようです。 それだけ罹患する人が多いということです。より手軽に手術を受けることが出来るようになってきています。 日帰りで手術を受けることが出来るっていうこともあります。

昔は白内障の手術というと、濁ってしまった水晶体を取り除く、ということだけでした。それで手術は終わりだったのです。でもそれでは改善にはつながらないんだそうです。濁った部分を切除することでモヤがかかったような状態は解消することが出来ますが、レンズが薄くなるわけですから、ピントが合わなくなるという状態になるんだそうです。
今は新しい手術の方法が開発されています。 以前の濁った水晶体を削るという施術の後に、人工のレンズを挿入するという方法です。 現在ではこれがポピュラーになっているんだそうです。ただし、糖尿病から白内障になったという場合には、この方法は誰にでも適用することが出来るというわけではないようです。
それは個人差があるので、一般的な白内障の手術が適用される人もいれば、糖尿病網膜症を併発している人だったら、レンズが邪魔をしてしまって、逆に治療が出来ないっていうこともあるんだそうです。それぞれの症状や進行具合によっても、手術方法は違うんだそうです。

白内障の理由

白内障は年齢によるものと、先天性のもの、病気によるものがあります。高齢者になると、ほとんどの人が罹患します。年齢を重ねると体の様々な部分で不具合を起こすと考えてください。 ものに寿命があるように、目だって寿命があるのです。 傷がついていたり、今まで酷使をしていたり。そういうことで水晶体が傷つくと考えるといいと思います。

またアトピー性皮膚炎や糖尿病に罹患している場合にも、白内障の発症率は高くなるのです。糖尿病は白内障以外にも様々な症状を併発するので、食生活には十分注意をしなければいけない、とても怖い病気でもあると思います。
先天性の場合には遺伝子の異常であったり、母胎内での異常ということになります。早期であれば、その対応も考えることが出来ると思います。アトピー性皮膚炎の場合には、アトピーのために薬のも原因があるようです。
ステロイドホルモン剤が含まれている薬を常用していると、白内障に罹患することがあるんだそうです。最近ではそういう副作用のことも考えられ、出来るだけステロイドホルモン剤を含まない薬もあるんだそうです。
糖尿病に関しては、白内障以外にも様々な病気を引き起こすことがあるので、十分な注意が必要だと思います。

後天性白内障

後天性白内障とは、老人性白内障や病気から来る白内障のことを指します。後天性白内障の逆にあるのが、先天性白内障です。

実はこの判断っていうのは、詳しい検査をしてみないと分からないんだそうです。後天性だと思ったら、実は先天性だったなんていうことも実際にはあるんだそうです。
後天性白内障の代表的なものは、加齢による老人性白内障です。でも最近では若い世代にも白内障が増えてきているんだそうです。 驚くかもしれませんが、過激なダイエットというのも、白内障の原因になるんだそうです。
バランスのとれた食事をしている、健康的なダイエットとは違う、過度な食事制限のダイエットによって、栄養失調になることがあります。 栄養失調も白内障の原因になるんだそうです。
他にもアトピー性皮膚炎によって、ステロイド剤を使用しているという場合。これも後天性白内障に大きな影響を与えます。
白内障になる原因の1つになってしまうのです。目を傷つけるようなことは避け、異変を感じたらすぐに眼科に相談に行くということも大事なのかもしれません。
歯などと違って、目は定期健診を受けるっていう感覚がないものですから、不安なことがあったら出来るだけ早く眼科で受診をするといいのではないかなって思います。

新しい治療法

白内障は残念ながら、手術以外に治療の方法がないんだそうです。でも、医学は日々進歩をしてきています。新しい治療方法も次々と開発されてきているのです。

薬の種類も増えました。今は漢方の中にも白内障に効果があるものも出てきています。手術は白内障の根本的な治療方法ですが、稀に薬で改善をする人もいます。 薬によって発症を遅らせるということもあるのです。
薬の中でも点眼薬というのがもっとも多く、その種類も段々増えてきているのです。
・ピノレキシン製剤 
・グルタチオン製剤  
この上記2つは白内障の進行を遅らせたり、白内障を予防する働きがあります。
内服薬としては 
・唾液腺ホルモン製剤
・チオプロニン製剤
・アルドース還元酵素阻害剤
・八味地黄丸
・ルティンのサプリメント
・カルシウム、ビタミンC、ビタミンB群のサプリメント
これらが有効的だと言われています。また、ルティンやカルシウム、ビタミンC、ビタミンB群を多く含んでいる食物を自発的に摂取することによって、白内障に効果もあるのです。
食事療法というのは、もっとも安全な治療方法なのかもしれません。
他にも新しい白内障の治療方法が開発されてきています。まだまだ試験的なものもたくさんあります。手術以外にも体の負担が少ない治療方法がこれから出てくるのではないかと思います。

白内障で困ること

白内障に罹患した時に困ることは、ものが見えにくくなるということだと思います。場合によっては失明もしてしまいます。

元々視力がある人にとっては目が見えるっていうことが当たり前になっていると思うのです。その世界が闇に閉ざされてしまうともなると、精神的な不安も大きくなるのではないかなって思うのです。
白内障に罹患すると、光りの調整も上手く出来なくなります。 明るい場所で光りの調整が出来ずにまぶしすぎてしまうのです。   そういう状態で交通量の多いところに出たり、車の運転をするというのは、非常に危険でもあると思います。
生活全てに関わってきてしまう病気なのです。   目が見えにくいというだけで日常生活に支障をきたすと思います。 コンタクトレンズやメガネでは解決しないものでもあると思います。他人とのコミュニケーションも取りにくくなり、外出が困難になってくるということも出てきます。
外出をしてもぶつかったり、怪我をしたりっていうことも出てきます。 ちょっとした買い物でも困難になってきます。そうやって日常生活が破綻をしてしまうということにもなってくるのです。 生活が成り立たなくなるというのはとても困ることだと思います。
誰かの介助が必要になってきて、自分では何も出来なくなってしまう、そういうことでもあると思います。